HOME

 

子供たちは
どんなときも、お父さん、お母さん、先生
周りにいる大人たちは私たちを助けてくれる
純粋にそう信じています。

2012年7月20日
私の大切な息子、吉川慎之介(5歳)は溺死しました。
愛媛県西条市にある「学校法人ロザリオ学園 西条聖マリア幼稚園」による
「お泊り保育」が「石鎚ふれあいの里」で実施され、その前を流れる加茂川
で行われた「水遊び」中に川の水が増水し、
数名の子ども達と流された慎之介は水死しました。
浮き輪やライフジャケットなどの救命装備、準備は何もありませんでした。

このことから見えてきた事実と現実は、
大人達が持つ認識の甘さ、例年の行事だからという慣れ、
危機管理体制の不備、大切な命を守るという自覚の無さ、
そして事故後の不誠実な対応でした。
ロザリオ学園と先生方は、事故の説明と正式な謝罪について
「何もお話しできません」という対応を繰り返し
夏休みの間、二学期を通常通り開園することを最優先し、
今も責任の所在は不明で、事故の問題は未解決のまま、
子供たちを預かり保育しています。

重大な事故が発生しても
私立幼稚園に関し、指導監督する機関がないこと、
原因究明と再発防止のための事故調査等は行われないこと
相談する機関がどこにもないことを知りました。

慎之介は暗く閉ざされた問題に光を照らしてくれています。
私は母親としてこの幼稚園に通わせた責任を受け止め、
この問題と真正面から向き合う決心をしました。
“悲惨な出来事を繰り返させないためにも”

子供の命を守り育てること。
それは、大人の使命です。

吉川優子
2013年3月1日


2017年7月20日 五年を経て

民事裁判は、提訴して4年を迎えました。
現在、和解協議が続いている状況です。
事実解明の中で、責任の所在を明確にするということは、事故の再発防止と同様、
とても重要な事だと理解しています。
再発防止のためにできることをする、これは、特別なことではなく、当たり前の事です。
この5年間、様々な問題、課題、現状が明らかになりました。
自分自身の中にある複雑な思いや感情を正直に受止め、
ひとつずつ整理をしながら
これからも、全ての事実と誠実に向き合いたいと思います。

慎之介が亡くなって5年
日々、悲しみは深まります。
そして、慎之介はもういないという現実の中で生きることが
どういうことなのか、立ち止まって考える時間が増えてきました。
前を向くだけでなく、恐れずに振り返り、変わらない事実と向きあう事は、
とても大切で尊いことだと理解しています。

2011年9月。
瀬戸内海の豊島を訪れた時、
慎之介の心音を録音しました。
聴診器を胸にあてて、パソコンで録音するというものなのですが
しんちゃんは、くすぐったいとニコニコ笑っていました。
少しだけ、くすっと笑い声が入って、
しんちゃんらしい音をのこすことができました。
今も、世界中の人々と一緒に自分の音を鳴らしています。

CHRITIAN BOLTANSKI
Les Archives du Coeur
No05719
YOSHIKAWA SHINNOSUKE

写真1 (1)
慎之介が生きていた時間に思いを馳せて。
 
写真2写真3  

2016年7月20日四年を経て

2015年7月20日三年を経て

2014年7月20日二年を経て

2013年7月20日一年を経て

 


事故・事件概要へ

事故・事件対応へ