第八回口頭弁論準備

第八回口頭弁論期日
H27年6月17日(水)13時30~
愛媛県松山地方裁判所 西条支部
口頭弁論準備が非公開で行われました。

今回提出した準備書面では、
増水の予兆が始まったとされる15時10分頃から15時38分頃
慎之介と園児3名が流され救助・発見されるまでと、
2012年(H24年)7月20日の天気予報、雨量、加茂川の地勢などについて
証拠などから具体的に説明をし、
過失の法的評価について議論を深めております。

事故直後から行っている
保護者の皆さんとの検証が活かされています。

今回、子どもたちを救助してくださった方に、
再度、当日の様子を伺わせていただき、
事故直後に行った現場検証や、
お泊り保育に参加した子ども達の証言を丁寧に見直す作業、
国土地理院の地図などから加茂川の特性を調べたり、
雨量・水量についても議論をし、
裁判を通して事実と向き合う意義・目的について、
原告をはじめ、支えて下さっている方々と共に、改めて、
その理解と認識、思いを確認することが出来ました。

次回「第9回口頭弁論期日」は、
H27年10月1日(木)14時〜
愛媛県松山地方裁判所 西条支部にて
公開法廷となります。
傍聴していただけましたら幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。

第八回口頭弁論準備 準備書面(PDF)

2012年7月20日愛媛新聞:天気予報(PDF)

第七回口頭弁論期日

第七回口頭弁論期日
H27年3月18日(水)14時~
愛媛県松山地方裁判所 西条支部
口頭弁論準備が非公開で行われました。

本期日より、
私達原告の代理人が交代となりましたので
ご報告をさせて頂きます。

青葉総合法律事務所

浅野晋弁護士と山本雄一郎弁護士に
民事、刑事ともに、代理人として受任をしていただきました。

今後、主張の整理と争点整理を行ない、刑事の進捗も見ながら
裁判を進めていく予定となっております。
次回6月17日の期日も、非公開での弁論準備となっておりますが、
その次以降は公開の法廷で、口頭弁論とさせていただく予定です。

刑事裁判の進捗でございますが、まだ、公判前整理手続きが継続しております。
公判が始まるまで、進捗と捜査資料を確認しながら、
裁判に参加する準備をしていきたいと思います。

今年の夏で、三年が経過します。
最後まで誠実に対応してまいりたいと思います。

何卒よろしくお願い申し上げます。

第七回口頭弁論期日につきまして

第七回口頭弁論期日
12月17日(水)13時30分~
愛媛県 
松山地方裁判所 西条支部
第1号法廷にて
・・・・・
12月17日、開廷されるはずでしたが、
この日は、寒波の影響で瀬戸大橋が通行止めとなり
ロザリオ学園と引率教諭達の代理人弁護士が大阪より出廷できず
3月18日へ延期となりました。
被告たちは全員愛媛在住なので、誰も出廷しないというのは、とても不自然で違和感を感じている
というのが正直な感想ですが、民事裁判では全くおかしなことではなく
一般人としての常識は法廷の場において「常識」ではないようです。

提訴してから1年3か月が経過しましたが、まだ、準備書面のやり取りが続いており
双方の主張は平行線のままで、争点すらずれている状態にあります。
私達原告側は
「安全危機管理体制の不備、適正な準備・保護者への正確な説明、幼児に相応しい場所の選定」などについて、
教諭ら被告側は
「増水した川が悪いのであって、準備などの問題ではなく、急な増水を予見することは出来なかったのだから。」
という主張が続いています。
裁判長からは、予見可能性に関する科学的根拠を双方に示すように言われました。

東京から、愛媛県西条市まで丸一日かけて出向いている状況にあります。
東京地裁で提訴することもできましたが、これは西条で発生した事件、、、
風化させないためにも、愛媛でという思いで松山地裁西条支部を選択しました。

刑事でも元園長ら引率教諭3名が起訴され、私達は被害者参加制度を利用していますので、
今後、松山地裁で開かれる刑事裁判へも出廷いたします。
まだまだ続く裁判を考え、経済的な負担も考慮し、刑事、民事ともに向き合うために
代理人弁護士とも相談し、次回以降の期日等について考えています。
次回からの民事裁判は公開法廷から弁論準備とし、被告尋問までは非公開とさせていただくことになりました。
民事の方は、双方代理人が遠方の為、電話での出廷も許されるとの事で、
今回のように、天候に左右されてしまうこともありますので、
合理的に進めていこうと思っています。

民事裁判とは、代理人によって、大きく左右されるものです。
法律の解釈、ルールに従い、感情は排除され、それでも限りある中で思いや考えを伝え
立証責任は原告側にあるので、私達は証拠などを一生懸命提出し
それに対して、被告側は、違うだとか、争うだとか、知らないだとか、もう謝っただとか
そういった書面が提出される・・その繰り返し。
このようなやり取りを客観的な立場である裁判官たちが審議し、私達は、その判断を仰ぐ。
民事裁判というシステムに関し、まだまだ勉強が必要だと感じていますが、
真実の追及、被害者救済という観点から
この経験を無駄にすることなく、民事裁判の在り方について、
私自身の意見、考えを発信できるようになりたいと思っています。
これからも、この現実、現状と真摯に向き合い、誠実な対応をしていくという考えに
何も変わりはありませんでの、一歩一歩、踏みしめていこうと思います。

刑事裁判につきましては、公判前整理手続中で来年の春以降
どの時点で公判が開かれるか未定ですので、決定次第ご報告させていただきます。

これまで、傍聴へ足を運んでくださいました皆様
期日の度に、思いをはせてくださいました皆様
本当にありがとうございました。

民事裁判の傍聴は、少しお休みとなりますが、
裁判を通じ事件と向き合うことについては、まだまだ続きますので
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

H26年9月16日第六回口頭弁論期日

H26年9月16日
第六回口頭弁論期日が終わりました。

今回、体調不良の為、吉川優子は欠席となりましたが
次回期日は、出廷いたします。
傍聴へお越しくださった皆様。
ご心配をおかけしました。
ありがとうございました。

刑事裁判の公判は未定で、公判整理手続きが続いている中
民事でも大きな進展はありません。

刑事では被害者参加制度を利用しますので、捜査資料の閲覧をしています。
供述書という形でしか先生方の言葉を得られない現状に、残念な思いですが、
様々な事実を、私なりに理解することが出来ております。

公判が始まりましたら、捜査資料につきましては、説明をさせていただきたいと思っております。

私は、幼稚園選びを間違えてしまった、という事を確信したという事だけお伝えすると共に、
生涯をかけて、誠実に、この事件と、慎之介の死と向き合い続ける事を誓います。

真実を追及する場ではない民事裁判在り方とその限界を、感じているのと同時に、
被害者や遺族としての思いを公の場で発信するという事が「裁判」しかない、
という現状を理解していたとはいえ、この問題とも向き合う重要性を感じております。

対立構造の中で、

一人の命、一つの事故から学びきる

という事は厳しいと思います。
ロザリオ学園と西条聖マリア幼稚園の教諭らは「どうしたいのか」全くわかりません。
無かった事にしたいのかもしれませんが・・

ライフジャケットも浮き輪も準備せず
保護者への説明も怠り
適切な知識を得ることなく
幼児に相応しい場所を選定しなかった
川は増水したけれど
「川が悪かった」から仕方なかったのではなく

4名の園児が流され、慎之介は水死し、3人の園児と
岩に取り残された園児たちは奇跡的に助かっただけで
助けたのは、ふれあいの里スタッフ2名と、偶然居合わせた観光客の方々で
先生方は、パニック状態であり、通報も、慎之介の救急車への同乗もしていなかった
そして、何もお話しできませんという態度を貫いた
20年間何もなかったからという理由から安全対策を怠った

この事実から、私自身、逃げることは出来ません。

ロザリオ学園も西条聖マリア幼稚園も
当時の引率教諭らも、誰にも、変えることのできない事実なのです。
「水死」した慎之介の命は、取り返しようがありません。

様々な問題と、向き合い、考え、このような事にならないために
「あってはならない事例」として、今後、研究し発信していこうと思います。
経験しなければ、決して言えない事ばかりです。
全て貴重な経験、情報として活かし、未来へ繋げます。

第6回口頭弁論期日

H26年7月16日
第五回口頭弁論期日が終わりました。
提訴から1年経過します。
今のところ、まだ準備書面を出し合っている状況が続いております。
次回も、ロザリオ学園から反論が提出される予定です。
大きな進展はありませんが、
刑事裁判が公判前整理が続いているため
刑事の進捗も見ながら進めていく事になると思われます。

次回の期日は9月になります。

第六回口頭弁論期日
9月16日(火)13時30分~
愛媛県 
松山地方裁判所 西条支部
第1号法廷にて

傍聴に来てくださっている皆様
見守ってくださっている皆様

いつも本当にありがとうございます。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

ロザリオ学園、愛媛県へ質問書_愛媛県土木部からの回答

ロザリオ学園 安全管理部 中路憲生氏より
愛媛県へ質問書が提出され、愛媛県が回答しています。
民事裁判第4回口頭弁論期日にて被告側の反論の証拠として提出されたものです。

ロザリオ学園、愛媛県へ質問書_愛媛県土木部からの回答(PDF)

 

この質問内容を見て感じたのは、事故後、保護者から再三にわたり
原因究明と説明を依頼したにもかかわらず「警察が捜査中だから」ということで
対応しなかったわけですが、民事裁判になったら、このような対応を考え
行動できる事が分かりました。
この内容を見ている限り、事故後、すぐにできたことだと思います。
難しいことは、何もしていません。

また、この中で住友共同電力発電所(ダム付近)の事についても言及していますが
ならば、お泊り保育を計画する際、なぜ、こういった調査、下見を
念入りに行わなかったのでしょうか。
事故が発生して、初めて、このような質問をするに至った、
今できている事が、以前はできなかった、それは怠慢だと思いますし
職業人として、プロとして、責任感が無かったという事と
その意識が欠落していたという事を露呈しているだけです。

~最後の質問と回答を抜粋~

ロザリオ学園
「再発防止に向けて、現場付近の改修・新規の工事を考えていますか?」

愛媛県
「再発防止のための工事は考えておりません」

・・・
この質問する前に
ロザリオ学園自身の再発防止、原因究明、分析はどうなっているのでしょうか。
自分たちが招いた重大事件をすっかり棚に上げ
天候不良を認識していたにもかかわらず
無計画、無装備であったこと、園児を死なせ怪我をさせ傷つてしまった事に対し
責任は無い、愛媛県、西条市に責任があるという姿勢は
間違っていると思います。
また、流された園児の怪我は大したことない、他の園児の事など知らない
と主張できてしまう組織が、子供を預ることができている、
という現状に対し不信感と失望感を抱くのは当然の事です。

「西条市の運営にも、愛媛県の川の管理にも問題があったのではないか」

という事は、
通常ならば、常識的に考えても、
ロザリオ学園西条聖マリア幼稚園自身の原因究明
そして、反省があって初めて言える事のはずです。
その上で、共に考え、二度とこのような悲劇が繰り返されないために
愛媛県全体、全ての幼稚園、さらには全国の保育・教育現場において
「子どもを預かり育む」という事を、改めて見直すきっかけにしてほしい、
といえる立場になるのではないでしょうか。

第五回口頭弁論期日

第五回口頭弁論期日
7月16日(木)11時40分~
愛媛県 
松山地方裁判所 西条支部
第1号法廷にて

傍聴にお越しいただいている皆様
見守って下さっている皆様

いつも、本当にありがとうございます。

多くの方に傍聴していただけることは、私達の励みとなっております。
今後も、一人でも多くの方に足を運んでいただきたいと願っております。
何卒よろしくお願い申し上げます。

第四回口頭弁論_ロザリオ学園と教諭らの反論

H26年5月8日 
第四回口頭弁論期日において

学校法人ロザリオ学園被告
代表理事長:ゴンザロ・ベンルモンテ・ファン・マヌエル
当時の理事長:レチョン・ハビエル・ヘルナンデス被告

西条聖マリア幼稚園 元園長:近藤恵津子被告
村上玲子被告 
越智亜里被告
別宮瑠美被告、寺西佳代子被告、篠田ひとみ被告
石川正子被告、藤井さおり被告

上記被告らは

1 原告らの請求をいずれも棄却する。
2 訴訟費用は原告らの負担とする。

との事で、全て反論、責任は無いとの主張を準備書面で提出しました。

事故後対応について
説明できな理由を「本部が」としてきたのは
「本部と連絡が取れないから」だったためで
口止めではないとの事。
では、連絡が取れたにもかかわらず「本部が」という理由で
全く対応に応じなかったのはどういう理由であったのかは明記されていません。

2)説明会等での発言
  被告らが「本部から口止めされている。」
 「説明なんてする必要はない。他の学年の保護者には関係ない。」
 「本部の後ろ盾がなくなるのが怖い。」などと保護者らに話したことはない。
  被告近藤が,原告吉川優子からの電話に対して吐き捨てるようにして電話を切ったこともない。
  これらの点に関する原告らの主張は否認する。
  本件幼稚園の教員では即答できない場合に,
  本部に確認して返事する旨を述べたことがあるが,
  このことは,本部からの口止めを意味するものではない。

・・・準備書面より引用・・・

また、浮き輪などの準備物を用意しなかったことについても回答なし。
とにかく増水した川が悪いのであって、泳げない5歳児でも全く危険な場所ではない
との見解。

「原告らは,水深50cmの川が危険である旨を述べるが
 園児らが流されたのは増水が原因である。」

・・・準備書面より引用・・・

このように、はっきりと述べています。

篠田ひとみ被告の主張

 原告らは,被告篠田が,流されていく故吉川慎之介が沈んでいく姿を見送ったことを
 実演して見せたと主張するが,事実と異なる。
 被告篠田は,数十メートル先を流されている故吉川慎之介が一瞬見えたため,
 「がんばって一」と叫びながら追いかけ続け,救助スタッフに救助を依頼した。
 保護者との現場検証の際に,原告吉川優子に言われ,場所は異なるものの,
 どのように見えたか体勢を示したのであり,原告らが主張するような意図ではない。

・・・準備書面より引用・・・

尋問の際には、動画を一緒に見ながら主張をしてもらいたいと思います。
それに、慎之介が沈んだ場所を目の前に
「警察からもこの場所に沈んでいたと聞いてます」と伝えたら、
篠田ひとみ被告は
「嘘です。違います。mちゃんよりもっと先で発見されました。
 ここなら、助けてます。助けられました。」
と発言していた事も記録されています。

「病院で説明はしていないが謝罪として下座した」
村上玲子被告、越智亜里被告、寺西佳代子被告、篠田ひとみ被告
このような主張を繰り返し強調してきました。

少なくとも、村上玲子被告、越智亜里被告、寺西佳代子被告、この三人が
病院にいたのは見たけれど、私に近づいてくることもせず
ただ、立っていただけという記憶しか私にはありません。
越智亜里被告に関しては、隅の方でしゃがみこんでいたのを見ました。
篠田ひとみ被告は私の足に縋り付き
「楽しく一緒に泳いでいたのに」と発言していたことが
「みんなと一緒に楽しく遊んでいたのに。」と微妙な記憶訂正をしています。
細かい部分ではありますが、本当に呆れております。

裁判では保身のために本性をむき出しにしてくる
嘘しか言わなくなる
多く方から助言を受けております。
残念で悲しい現実ではありますが、受け止めております。

長い裁判になることを、覚悟しています。

第四回口頭弁論期日

第四回口頭弁論期日
5月8日(木)11時50分~
愛媛県 
松山地方裁判所 西条支部
第1号法廷にて

次回も事務的な書面のやり取りと、次回期日の日程調整だけで
終わってしまうかもしれませんが
一人でも多くの方に傍聴していただきたいと思います。
何卒よろしくお願い申し上げます。