HOME

 

子供たちは
どんなときも、お父さん、お母さん、先生
周りにいる大人たちは私たちを助けてくれる
純粋にそう信じています。

2012年7月20日
私の大切な息子、吉川慎之介(5歳)は溺死しました。
愛媛県西条市にある「学校法人ロザリオ学園 西条聖マリア幼稚園」による
「お泊り保育」が「石鎚ふれあいの里」で実施され、その前を流れる加茂川
で行われた「水遊び」中に川の水が増水し、
数名の子ども達と流された慎之介は水死しました。
浮き輪やライフジャケットなどの救命装備、準備は何もありませんでした。

2013年3月1日付文書より(PDF)

このサイトは、私の息子の事故についての記録です。
事故発生から8か月後、
2013年3月1日にサイトを開設し、
事故の経緯や事後対応などを記録してまいりました。
2016年5月30日に刑事裁判の判決が言い渡され、
2018年12月19日に民事裁判も終結しました。
刑事裁判、民事裁判の記録でもあります。
わが子を突然亡くした母親、
被害者遺族、保育・学校事故遺族という立場から
私自身の率直な思いも綴っています。
裁判という対立構造の中で事実と向き合うということは
苦しい争いが続くこと、闘い続けることでもありました。
裁判が終結した今、大きな区切りを迎えたと思っています。
しかし、
事実と向き合うこと、
わが子の死と向き合うことに終わりはありません。
思いを新たに、事故予防と再発防止の活動に尽力してまいります。
被害者や遺族が声を上げなければ
子どもの死がなかったことになってしまう現状を
変えなければなりません。
事故調査・再発防止・事故予防の仕組みと
法律や制度が整備され、
子どもの命が守られる社会になることを願います。

2019年1月20日 
吉川優子


2021年7月20日 九年を経て

慎之介が亡くなった2012年、
厚生労働省から発表される人口動態統計の不慮の事故データによると、
102名の5歳~9歳の子どもさんの命が失われていました。
このうちの一人は慎之介です。
今も、防げたはずの死が後を絶ちません。

なぜ、こんなことになってしまったのだろう
なぜ、死んでしまったのだろう
どうすれば、いま、生きていることができたのだろう

この思いは、
亡くなったすべての子どもさんたちの声なき声として
真摯に受け止めています。

私たちにできることは、事実と向き合い、教訓をいかすことです。
過去から学び、現在に生かし、未来へと繋げていくことだと思います。

慎之介の笑顔を胸に
未来への一歩を踏み出していきたいと思います。

 
2021年(令和3年)7月20日 
吉川優子
 

IMG_5334
2020年7月20日 慎之介とともに海を望む
 

IMG_5334
慎之介、颯爽と前を歩いていく 2011.9.
 

2020年7月20日八年を経て

2019年7月20日七年を経て

2018年7月20日六年を経て

2017年7月20日五年を経て

2016年7月20日四年を経て

2015年7月20日三年を経て

2014年7月20日二年を経て

2013年7月20日一年を経て

 


事故・事件概要へ

事故・事件対応へ